荘厳な神前式からロマンティックなキリスト教式まで

結婚式は好みで選びましょう

結婚式に夢や憧れを抱いている人は多く、特に女性にはその傾向が強いですよね。西洋スタイルで教会で神父さんを前にして、純白のウェディングドレスをまとって永遠の愛の誓いをしていく、これは多くの人の結婚のイメージかも知れません。もしくは最近の日本ブームを受けて、白無垢をまとって厳かに神前式をあげるというのも素敵なものです。
他にもハワイアンウェディングといったものも最近は人気となっていますし、宗教にこだわらず人前式で挙げることも可能です。結婚式に決まりといったものはなく、それぞれが選ぶ方法がもっともよいものとなっているのです。それゆえ夫婦となる二人が相談して決めること、これがもっとも重要なポイントになります。

自分たちが納得するのが一番大切

結婚式というと昔は家と家の結びつきを意味していて、式というのも二人だけが納得したものではなく、家の意見に大きく左右されたものです。しかしながら時代は移り変わって、今は式を挙げる、これから結婚して夫婦となる二人の意見がもっとも重要視されるのです。
そして今は結婚式に関して決まりはなく、宗教の一環としてとらえることも少なくなってきて、自由に行うことができるようになっています。大切なのは自分たちの希望にそった式をあげることで、互いの気持ちを周囲に分かってもらう、自分たちにけじめをつけるために必要なものであり、将来に振り返った時に大切な思い出であってほしいものです。それゆえしたいようにすること、これが大切です。